生活の中での、洗濯の方法の変化や、洗濯洗剤の様々な種類や使い方などについてまとめてみました。

生活する上で感じる家事のストレス
生活する上で感じる家事のストレス

生活の中の洗濯と洗濯洗剤の種類

洗濯とは、汚れた衣類などを繊維製品をキレイにするための行為を指します。
洗濯は生活していく上で必要な家事の一つです。

昔は洗濯板が広く使用されていました。
洗剤の代わりに石鹸や灰汁などを用いて衣類を綺麗にしていました。
洗濯板を使用しての洗濯はかなりの重労働でした。
洗濯機が登場してからは、とても便利に短時間で洗濯を行うことができるようになりました。
最近では洗濯乾燥機や乾燥機能付き洗濯機、全自動洗濯機また、ドラム式全自動洗濯機なども登場し、私達の生活をより豊かなものにしてくれています。

洗濯洗剤にも様々な種類があります。
弱アルカリ洗剤は、綿、麻、合成繊維などの下着や普段着の衣類を洗うのに適しています。
アルカリとは汚れを落とすための重要な成分です。

基本的に洗浄力が高く、一般的に売られている衣料用洗濯洗剤の主役的な存在となっています。
いろいろな成分を配合し汚れが落ちやすくなっています。
しかし、その反面、洗浄力は高いのですが、衣類などの色落ちなどが起こりやすくなってしまうことが問題です。

中性洗剤は一般的に弱アルカリ洗剤と比較すると洗浄力は下がりませんが、毛や絹なしるくなどのデリケートな衣類の洗濯に適しています。
「おしゃれ着洗剤」も中性洗剤の部類に入ります。
洗浄力は弱アルカリ洗剤には劣りますが、色柄物の衣類の洗濯に適しています。
これらの洗剤をうまく使い分けて正しい方法で選択することが大切になってきます。

注目の情報

Copyright (C)2017生活する上で感じる家事のストレス.All rights reserved.